追加の製造

×
_AML - CADS - SLM 125 - AT-Perg
_AML - DMG - Lasertec 30 - DE-Bielefeld
_AML - GFE - DMG Lasertec 20 - DE-Schmalkalden
_AML - Monalab - SLM280 - AT
_AML - SLM - SLM280 - DE-Lübeck
_AML - Swiss M4M Center - SLM280 - CH
_AML - Urma - SLM280 - CH-Rupperswil

付加製造

「金属粉末床での3D印刷、後加工への移送、測定、クリーニング...ゼロ点を失うことなく」

 

課題:LPBF法は、金属から複雑かつ/または超軽量の加工物を製造する場合にますますその価値が認められています。ただし、必要な生産性に到達し、大幅なスケールアップ効果を達成するためには、工業的に自動化できる必要があります。これがまだ大きな難点です:付加製造された金属部品はたいてい後加工が必要ですが、切削仕上げによるものがずっと以前にありふれたものとなったような、後加工のための自動化システムも機構もまだ存在しません。

 

投資検討:3D印刷は技術的に更に管理されている。大きな生産性のポテンシャルが後加工にはあります。その理由で印刷された加工物はシームレスで手動でも、AM機械による、例えば、マシニングセンタでの自動化でも使用できるとされており、その場合、ゼロ点を失うことはありません。

 

実用的な期待:AM機械において500°Cまでの高温に耐えるゼロ点システムは、高い位置精度を保証するため、ハイブリッド印刷を可能にします。同時に加工物パレットは3D印刷後に除去されて、例えば、マシニングセンタ上で手動介入なしに形状接続的かつ摩擦接続的にクランプすることができ、一貫生産されて最終的な時点でキャリアパレットから分離するものとされています。pL LEHMANNのAM-LOCKで解決策を手にします。