AM-LOCK  –  金属3Dプリント用ゼロ点クランプシステム

pL ADDITIVEはpL LEHMANNの一部門です。機械加工で50年以上の経験があり、CNCターンテーブルのメーカーとして40年以上の経験があり、工業生産の要件は弊社によく知られています。LPBF技術を使用して製造された多くのワークピースは、取付面、ねじ山、表面、またはその他の精密な輪郭に合わせるために再加工する必要があるという事実に触発されて、ゼロ点クランプシステムが必要でした。この相乗効果により、ユーザーは3Dプリントのワークピースを製造できるだけでなく、それらを効率的かつ正確かつ確実に後処理して仕上げることができます。ここでは、主に次の後処理手順に焦点を当てます :

 

  • 測定、点検
  • X線照射
  • 熱処理650℃まで
  • 旋削、フライス盤、穴あけ加工、研削、侵食、ウォータージェットなどのすべての機械加工生産技術
  • Hirtisation (Hirtenberger、AT)、電解表面処理法および支持構造の除去

 

有名メーカーと共同で、適切なゼロ点位置決めクランプシステムAM-LOCKの開発が開始されました。造形スペース (造形シャフト、構築プラットフォーム) に関して、メーカーとユーザーが取り組んでいる未解決の課題がまだあることがすぐに明らかになりました。pL ADDITIVEは、可能な限り最善の方法でアドバイスできるように、この特定の環境での能力も獲得しています。