測定

×
DrSchneider PMS 9020LL - TF-508510 - meas.aero
Ferranti - EA-508.R-Q light - meas.komp
Leitz PMM-C 12.10.07 - EA-510 - meas.others
Mahr Digimar - EA-508.R-Q light - meas.komp
Mahr Perthometer - EA-508.R-Q light - meas.komp
OGP - EA-507.L - meas.auto
OGP Quest 650 - TF-507507 - meas.others
OGP Smartscope Vantage 450 - TF-507 - meas.others
OGP Smartscope Vantage 450 - TF-507507 - meas.aero
Werth - TF-507510 - meas.others

未来の測定技術

「製品指向、自動化可能、完成品としての測定、普遍的に:効果的な測定応用」

 

課題:工業的測定技術は変化しています。製品に関連した測定に対するプレッシャーは常に存在しています。製造プロセス経過時間と測定サイクルを短縮化することによる生産性向上では、新しい測定法と選択肢が要求されます。設計通りに製造して完成品として測定する者は、決定的な利点を有するだけではなく、ますます絶対的な義務となります。同時にコストのプレッシャーがある場合にあらゆる観点から安全に対して高まる要求は、グローバルなトレンドです。 

 

投資検討:加工物は、できるだけ生産指向で測定できなければなりません。測定は可能な限り自動で行い、製造機械の通常のクランプ装置および設備で行う必要があります。pL LEHMANNの単軸または2軸のターンテーブルを使用すると、同じ機械上で2つ以上の測定を実行することができます。例えばシャフト測定、座標測定、真円度テストが可能です。この目的のために、pL LEHMANNのCNCターンテーブルが利用できます。このターンテーブルは、圧縮空気や油圧なしで、高い再現性で操作できます。 

 

実用的な期待:洗練された技術が高可用性と少ないメンテナンスに貢献するはずです。つまりユーザーは、あらゆる種類の加工物を最適にクランプしたり、必要に応じてハンドリングシステムやロボットを使用して部分的または完全に自動化できるようにするため、自由市場で多数の標準化されたクランプシステムを必要とします。すべてpL LEHMANNが提供できます。